ヘアカラートリートメントの種類

ドラッグストアなどで販売されているヘアカラーを利用したり、自分でケアをするのが面倒と感じる場合には、美容サロンできちんと美容師にヘアカラーをしてもらう方がきれいに染まります。

 

しかしこのような薬剤は頭皮に負担がかかってしまい、染めている間に頭髪が傷んでしまったり、頭痛が出てきてしまう方もいるため、何か頭皮に負担がかかりにくく自然に髪の毛が染められる方法はないものかと悩んでいる方も少なくないのです。

 

そこで便利になってくるのがヘアカラートリートメントです。

 

種類も豊富で入浴の際に洗髪をした後でヘアカラートリートメントを髪全体になじませて時間をおく事で、自然由来の成分で髪に美容成分を与えつつ綺麗に染めることが出来るメリットがヘアカラートリートメントにはあります。

 

ヘアカラートリートメントにはヘアマニキュアの種類と、そうではないタイプの二種類に分けられます。ヘアマニキュアタイプは短時間で髪の毛が染まるものの、色があまり持たないデメリットがあります。ブラシなどを使用した時にブラシに色がついてしまうなどの恐れがありますので、最近ではヘアマニキュアタイプではない製品が色持ちがいいと人気があります。

 

ヘアマニキュアで気をつけること

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントと言われる染め方の方がダメージが少なくなります。これらは髪をコーティングすることによって色を付けますので、髪を傷めません。

 

ただデメリットもあります。数回繰り返して染めないと十分色がつかないことがある、黒髪は染まらないため色むらができる、シャンプーのたびに色落ちするなどです。ヘアカラートリートメントは、リンスやコンディショナーなどを使っていない乾いた髪に使うなど、ケアカラーとは違う染め方に気を付ける点がありますが、それを無視するとちゃんと染まりません。

このページの先頭へ戻る