白髪染めなんで市販ヘアカラーは髪が痛たんでしまうの?

市販のヘアカラーは、美容院で染めてもらうよりも経済的だし手軽なので、頻繁に使っている人は多いと思います。
でも問題も多いんです。

 

それはとにかく髪が傷みやすいということ。

 

自分の髪質にあったヘアカラーをやっと見つけたと思っても、何回も繰り返して使っているうちに、どうしても髪は傷んでくるんです。
こういう経験をされた方は多いと思います。どのメーカーのヘアカラーに代えても結局は同じなんです。

 

もちろん、美容院では髪質に応じて薬剤をコントロールしたりと、プロならではのテクニックを使ってダメージを少なくしてくれるものです。

 

ただし、市販のヘアカラーも、美容院のヘアカラーも、髪が染まる原理は全く同じですので、ダメージは避けられません。

 

そもそも市販のヘアカラーが傷む理由はどうしてなのでしょうか。

 

市販のヘアカラーを使っている方はわかると思いますが、必ず二つの薬品を混ぜて染めて行きます。

 

一剤はアルカリ剤、酸化染料。ニ剤は過酸化水素水という構成です。この二つの混ぜると、髪を守っているキューティク
ルが開いてしまって傷めてしまうのです。ヘアカラーのメカニズム的に避けられない現象です。

 

その結果どうなるのでしょう。

 

せっかく髪を守っているキューティクルが傷ついてしまい、髪はつやや潤いを失ってパサパサの状態に。髪だけではなく頭皮も同時に傷んで抜け毛の原因になります。

 

そこで今注目を浴びているのがヘアカラートリートメントという髪へのダメージが少ない商品です。

 

ヘアカラートリートメントがいい理由は、市販のヘアカラーと異なり天然由来の成分を主に使って製造しているからです。
ですので頭皮や髪に負担をかけるリスクも少なく、髪が傷みやすい人も安心して使うことが出来ます。

 

健康な髪は弱酸性ですから、酸性のヘアカラートリートメント剤などを用いて弱酸性をキープすることが大切です。

 

市販のヘアカラーはアルカリ性に傾いていることが多いので、酸性のヘアカラートリートメンで、髪を本来の弱酸性にしておくのがベストなヘアケアです。キューティクルはアルカリ性の環境に弱いのです。

 

また、ヘアカラーと同時にトリートメント効果がもありますので、髪が傷むどころか逆に髪につやを与え、頭皮を健全に保つのに役立ちます。

 

つまり、市販のヘアカラーを、天然成分配合のヘアカラートリートメン変えてしまいさえすれば、ヘアカラーするときのの髪と頭皮に与えるダメージを気にすることなく、自分に必要な頻度で使用することができるというわけです。

このページの先頭へ戻る