泡タイプのヘアカラー

タイプのヘアカラーってどんな感じ?メリットとデメリット

黒染めをするヘアカラーもクリームタイプと泡タイプがあるけどここでは、泡タイプのヘアカラーのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

泡タイプのヘアカラーのメリット

まずは、塗るタイプのものと比較して断然に使いやすさです。泡タイプなので液だれせず、まんめんに毛染めの液を行き渡らせることができます。プッシュするだけで毛染め剤が自動的に混ざって出てくるので、クリーム状のヘアカラーのように二つのクリームを混ぜる必要がありません。シャンプーするような感じで、ヘアカラーの薬品を髪の毛に塗ることができて、髪に溶液をつけることが簡単に出来るので、初心者の方でも簡単に染めることが可能です

 

また、使った分だけ使って、残りはそのままとっておけるので、経済的な部分も良いです。

 

匂いも強くなく、快適な知らご染めができて、ヘアカラーが楽しくなるので、長続きします。泡タイプのヘアカラーの場合、溶液をつけた後、シャンプーするような感じでマッサージの要領で溶液をつけるので、白髪の根元までしっかりと染まり、ムラになりにくいのも特徴です。

 

ヘアカラーするときに一番難しい後ろ髪も泡タイプのヘアカラーだったら、見えない後ろの部分も上手に染めることもできます。くしゅくしゅとシャンプーするような感じで全体に毛染め剤が行き届くようにします。ブラシやハケなどでヘアカラーすることを考えたら、両手でクシャクシャするだけで、全体的にヘアカラーが行き届くので、使い方が簡単で、誰にでも使うことができますよ。

 

泡タイプのヘアカラーのデメリット

泡タイプのヘアカラーは、根元染めだけがしにくいことにあります。白髪のでき方にも二通りあって、黒い髪の毛の中に白がまばらに散らばっているタイプと、生え際から白髪が目立つものがあります。泡タイプのヘアカラーだったら全体を染めることに優れていて、生え際や根元だけ染めるのには、あまり向いていません。

 

根元だけを染めるには、従来のクリームタイプをブラシやハケでその場所だけに、ヘアカラーを塗って染めた方が、髪が傷まずに済むので、塗るタイプの方がいいです。毎回、全体染めをしていたら、髪の毛が傷んでしまいます。

 

このように泡タイプのヘアカラーの良いところ悪いところを理解しながらあなたにあったヘアカラーを選ぶことをおすすめします。

このページの先頭へ戻る