波ウェーブヘアのやり方

最近芸能人の間でも人気の波ウェーブヘアを作りたい!でもどういうやり方で行えばうまくいくかわからないってそんな方にストレートアイロンでもきれいに波ウェーブが作れる方法を調べて見ました。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

簡単なつくり方

髪の毛をブロッキングします。

髪の量が多い方はブロッキングをすることによってアイロンを当てやすくなります。
一度にたくさんの量の髪の毛にアイロンを当てようとすると熱がうまく伝わらず、思うように形がつきません。

ブロッキングをしたら、アイロンでウェーブを作っていきます。

幅2,3pぐらいの量の髪をとり、手首を返すようにして形を作っていきます。内側、外側と交互に波を作っていくイメージです。内巻きの状態でアイロンを少し下にずらし、次は外巻きの状態でアイロンでずらし、上から下へ、毛先に向かってスタイリングしていきます。鏡をみて確認しながら進めていくと良いです。このとき、髪を強く引っ張りすぎないように注意してください。毛先は内側へ巻いた方がきれいに仕上がります。

アイロンの温度について

初めは170度ぐらいの温度でスタイリングするようにし、徐々に慣れていきましょう。高い温度の方が素早く仕上がりますが、そのぶん髪へのダメージも大きいです。

私が行っているヘアケアについて

ヘアアイロンなどを使っていると髪の毛は油断しているとパサついたりうねりが出てきたりするのでヘアケアしてあげる必要があります。とくに、30代に入ってからは20代のころよりも髪の毛がパサつきやすくなってきたように思います。

 

また、髪の毛が前よりもクセ毛になった感じがしていて、髪を伸ばすと毛先がくるんとカールしてしまうようになってきました。若い頃はストレートで肩にまっすぐかかる感じだったので、やはり年齢の影響で髪質も変化してきているのだなと思います。

 

なので髪を痛めない程度に髪をストレートにしたり波ウェーブヘアなどにして誤魔化したりしていますが、頭皮のケアもしっかりしていこうと思っています。

 

頭皮クレンジングをするとシャンプーの泡立ちが良くなるように思います。また、頭皮がさっぱりとしてかゆみやベタツキを抑えることが出来るので頭皮が清潔になります。

 

抜け毛が多くなってきたときには、毛穴に脂が詰まっていることも原因のひとつのようですので、頭皮クレンジングをするようにしています。

 

やっぱり女性にとって髪は命とも言われています。傷まないストレートアイロンを使ったとしてもやはり限界があるのでしっかりとヘアケアをしていこうと思います。