初心者でもできる簡単ヘアアレンジ方法

内巻きにしたいけどストレートアイロンしかないからできない…。アイロンで巻こうとしてもなかなかうまく巻けない…。
そんなお悩みありませんか?

 

きれいに内巻きを巻いてみたいですよね?しかもカールアイロンやコテを使わずにストレートアイロンだけで!!!

 

初心者さんでも分かりやすく簡単にストレートアイロンだけで内巻きをつくる方法を紹介していきます♪

内巻きをつくる手順

最初に髪をブロッキングしてストレートアイロンで全体をまっすぐにしていきます。アイロンの熱から髪を保護したい時は、保護剤を髪の毛につけてから行います。この時は内巻きにする必要はありません。毛先までストレートになるようにアイロンをかけていきます。後頭部の髪も忘れずにやっていきます。全体がストレートになったら次は内巻きを作っていきます。

 

ストレートアイロンだけを使って髪の毛を内巻きにする場合、全体の髪の毛のバランスを見ながら内巻きをつくっていきます。まず左右のどちらかやりやすい方から内巻きにしていきますが、アイロンに挟む髪の毛の量はあまり多くしてはいけません。

 

内巻きにしたい部分をストレートアイロンで挟み、そこから髪が内巻きになるようにアイロンを動かしていきます。毛先に向かってすべらせるように動かしながら内巻きをつくるときれいになります。左右同じ高さでカールを作るようにし、髪の長さに合わせ平行か斜めにするか確認しながら全体の毛先を内巻きにします。完成後は崩れるのを防ぐためスプレー等を使って固定し、手でほぐすと自然な印象にすることができます。

内巻きを作る時に注意したいポイント

ストレートアイロンをスムーズに動かしていくことです。段階をつけて動かすと、髪の毛に段差のような跡がついてしまいます。内巻きにする時は最後の毛先を上方向に向けるようにするときれいなカールにすることができます。ただ横方向にカールをつけるだけだとすぐに崩れてしまうため、少し強めにカールを作ったほうがまとまりがよくなります。

 

またブロッキングして内巻きにしていく時は、それぞれの高さがずれてしまわないように気をつけます。失敗してしまった時はもう一度ストレートに戻してからやり直していきます。他にも後頭部の髪の毛は見えにくくやりにくい部分でもありますが、髪を上にあげるなどして忘れずに内巻きを作っていきます。