ストレートアイロンを使用する際の注意点

ストレートアイロンを使用する際の注意点を紹介します。

 

使用する際の注意点

濡れた髪に使用しない!

濡れた状態でアイロンを使用すると水分が沸騰し髪の毛を傷める原因にもなります。ただでさえダメージが受けやすい状態です、取り返しがつきません。絶対に乾いた状態で使用しましょう。

 

長時間ヘアアイロンをあてない

高温で長時間プレスすると髪のダメージになってしまいます。一気にプレスするとうまく髪が伸びませんのでまとめて伸ばさないようしましょう。傷みやすい毛先を避けて、根元をプレスイメージで行うとうまく伸ばすことができます。

 

髪の乾かし方

髪を乾かすときには、余分な水分を取り除きしっかりと髪の毛を乾かしましょう。

 

髪を乾かすときの豆知識

髪は濡らすと、髪内部と外側(キューティクル)の両方が水分を含んだ状態になるのですが、これをすべてドライヤーで乾燥させると髪を傷める原因になります。 なので、髪を熱から保護するために、髪の内部に微量の水分が残った状態で髪の毛の乾燥を止めることが理想的な髪の乾かし方となります。
※目安は、髪の毛をねじったり触ったりしたときに「髪の柔らかさ」を感じる程度が理想的です。

 

イメージ通りのヘアスタイルにするには、うまくボリュームダウンさせたいものです。そうするためには、乾燥させるときに髪をまっすぐに伸ばした状態をキープすることが大切です。髪の根元からドライヤーをあて、ロールブラシで乾かしながら引っ張るとその後が簡単になります。

 

オーバードライに注意!
オーバードライといって、髪の乾かしすぎは髪にダメージを与えるだけでなく、髪のツヤ(キューティクル)まで損傷しかねません。

 

ここまでで髪は半乾きになっている状態なので、ここでトリートメント剤をつけていきましょう。この状態でトリートメント剤をつけることよって、ヘアスタイルの仕上がりも持続力も変わってきます。トリートメント剤は、コーティング力の高いしっとり系のものからサラッとした感触のものまでありあなたのイメージになったものを選んでつけるといいでしょう。

 

ストレートアイロンを使用する際には、気を付けたいことは保湿です。保湿しないで、ヘアアイロン使うと髪が乾燥し、髪がパサつく原因となってしまいます。

 

スタイリング・トリートメント剤