ストレートアイロンで前髪をきれいに作るにはどうしたらいいの?

ストレートアイロンの使い方として髪を伸ばすだけでなく髪を巻いたり、ウェーブをかけてみたりすることもできるんですがここでは前髪をうまくつくる方法をご紹介します。

 

前髪をきれいにつくることが出来ると、とても素敵なヘアスタイルになります。

 

しかし、朝の忙しい時間、手早くきれいにつくるのは難しいです。そんな時、ストレートアイロンでの前髪の作り方やきれいにつくった前髪を持続させる方法を知っていると、とても便利です。

 

まず、持続させる方法として大切なことは、地毛のクセをとることです。寝ぐせ用ウォーターなどを前髪の根本からスプレーし、しっかり濡らしてからブローするようにしましょう。

 

次に、ストレートアイロンを使って行う前髪の作り方ですが、まず、丸みをつけたい部分を前に引っ張り出します。

 

その後、ストレートアイロンで軽くはさみます。そのまま、ストレートアイロンを90度程度に顔側にひねり、毛先の方に滑らせます。ドライヤーよりもとても簡単な前髪の作り方です。注意すべきことは、ストレートアイロンを顔側にひねる角度によって、カールの付き方がかわってくることです。ゆるやかな丸みがいい場合は、40度から50度程度にします。もっとしっかり丸みをつけたい場合は、90度以上にひねります。

 

その他、持続させる方法としては、前髪の裏側の根本に、キープ力のあるスプレーをすることで持続させることが出来ます。

流してきれいに前髪を作るにはどうしたらいいの?

次にストレートアイロンを使って前髪をきれいに斜めに流す方法をご紹介します。

 

初めに、前髪を根元の方から軽く濡らし、下ろしながら前髪を乾燥させます。前髪がくせ毛になっている場合には根元から少し引っ張りながら伸ばして乾燥させましょう。

 

乾かしたら、左流しにするか、右流しにするか前髪の方向を決定します。方向が決まったら、流したい方向と逆に真っ直ぐ持って、ストレートアイロンを当てていきましょう。

 

※流したい方向と逆側にアイロンを当てるのは、自然な感じで前髪が流すことが出来るんですよ♪これぞプロの知識といったところかな

 

ここで注意!
強く挟むと髪が折れそこに線つくことがあるので、軽めふわっとした感じで挟みましょう。髪が多い方は上と下といった感じで分けてやるとうまくかけることができますよ。

 

さらに前髪の中間地点からストレートアイロンをおでこの方向にクルッと回しそのまま真っ直ぐストレートアイロンをかけていきましょう。そうすると、髪が内側にカールがかかって毛先がクルってなると思います。

 

もし、カール緩い場合にはもう一回繰り返えせばいい感じなると思います♪

 

カールがついたら、流したい方向に前髪を流して下さいね。

 

これでいい感じに前髪を斜めに流すことができたでしょう!前髪をいい感じに流したいって方は試してみてくださいね。