ミディアムボブをおしゃれに簡単ヘアアレンジ♪

ミディアムボブなど肩ぐらいの髪の長さの方でストレートアイロンを使った簡単にできるアレンジ方法があります。ちょっと変えるだけでもおしゃれなヘアアレンジになってデートやパーティなどおしゃれにしたい時にできると便利ですね♪

 

ここで、ストレートアイロンの巻き方をご紹介してきますね。

 

内巻きする巻き方

一般的に、髪の毛をストレートにするために用いられるストレートアイロンですが、使い方によっては、女性らしい内巻きヘアにすることができます。

 

具体的な方法としては、まず、耳上部分の髪の毛を大まかにブロッキングした後、下側の髪の毛並みを整えるために、ストレートアイロンを数回通し、毛先に向けて、内側に巻いていきます。徐々にブロッキングした髪の毛を外しながら、この作業を繰り返し行い、最後には、表面部分の髪の毛を、ストレートアイロンで軽く挟み、緩やかなウェーブにすることで、ナチュラルな内巻きヘアに仕上げることが可能です。

 

仕上げるポイント

綺麗な内巻きヘアを実現するためのポイントは、ストレートアイロンをあてる際の角度にあります。ストレートアイロンで髪の毛を挟んだ後、根本から中間部分までは、ストレートにする際の要領で、真っすぐに下ろし、中間部分から毛先にかけては、手首を回し、ストレートアイロンの側面を髪の毛に押し付けるような形で、スライドさせると、コテアイロンでは難しい、自然なウェーブに仕上がります。

 

ストレートアイロンが、根元から毛先に向かうプロセスの中で、うまく手首を捻り、スムーズにスライドさせることが、一番重要なポイントとなります。

 

襟足、うしろの髪を巻く際には

ミディアムボブの方やロブヘアの方は、ロングヘアの方の場合に比べて、髪の毛が短く、ご自身で巻こうとすると、火傷をしてしまう可能性もあります。そのため、髪の毛の長さやスタイルに応じた、巻き方を実践することで、そうしたトラブルを防ぐことができます。

 

襟足などの髪を巻く際は、トップの髪の毛が落ちてこないように、軽くゴムで縛っておきましょう。そして、根元から中間は、通常通り、中間部分から根元にかけては、徐々にストレートアイロンの角度を変えて、根元部分では、髪の毛に、アイロンの側面がほぼ90度の形で当たるように巻いていくことが大事です。